• 不動産投資の仕組み

  • 現在の低金利時代が長く続き、一般金融機関の預貯金などには、ほとんど金利利息が期待できない次代が続いています。その分、投資信託や株式投資などで財産を増やそうとしている人が増えてきました。 低金利、長く続く不況など、自分の生活が社会全体で低迷している時代だからこそ、当たり前の事だといえるでしょう。その中の一つとして、不動産投資の商品が上げられます。

    不動産投資というのは、住むことを目的に不動産を購入するのではなく、人に貸し家賃収入を得たり、購入金額より価格が上がってから売却して利益を上げること仕組みの事を言います。不動産投資は、「ローリスク・ロングリターン」といわれる投資商品です。 家賃収入を見込んでいるものの、住宅ローンの金利差で赤字になることもあれば、空室が続いてしまう時もあるだろうし、売却しようとしても購入金額を下回ってしまう時もあるだろうし、最悪火事や自然災害(地震)などで建物がなくなってしまうリスクがあるけれども、土地が残っていれば、全くの0(ゼロ)にはならないという観点からそう言われます。 最近では、投資専用マンションなどが登場していて、注目されている投資商品です。単身者などが都心部に増えていることも、後押しする要因でもあります。